ジュエリーの素材について

◆ブロンズ、真鍮
ブロンズや真鍮は、時間が経つにつれ、黄金色から青緑色(青錆)に変色していきます。(例:
10 円玉や銅像)変色の仕方、進み方ははそのアクセサリーによってそれぞれ、つまり「オンリーワ ン」ですから、その経年変化を楽しめるのも魅力の一つです。しかしながら、変色が気になるときは、使用後に柔らかい布で磨き、気密性のある入れ物に 保管(空気に触れさせない)してください。定期的にジュエリー専用クリーナーを使用して磨くとより永くお楽しみいただけます。

◆シルバー、ファインシルバー
SV925と表記されるものが多いですが、これは
92.5%が純銀で、残りの7.5%が他の金属でできているということです。
中でもスターリングシルバー925と呼ばれるシルバーは92.5%純銀と7.5%銅の二合金です。

シルバーはとても柔らかく、そのままでは加工や形状維持が難しい素材です。そのため、強度や耐久性を高めるために銅などの金属を配合して使われます。

身に着けると美しい輝きをみせるシルバーアクセサリーも、放っておくとくすんだり黒ずんだりしま す。海水やプール(塩素)、湿気にはとても弱いので注意が必要です。くすみや黒ずみはジュエリーケア専用の布でかんたんにふき取ることができます。シルバーの美しい輝きをいつまでも保つために、着用 後はアクセサリーボックスや密閉された容器に保管するなどしましょう。

◆ゴールドについて
14K18K24Kとは金のこと。
数字が高ければ高いほど、金の含有率が高いです。

・14K(14金)
金の含有率は58パーセント。18Kの金以外の含有物が銀や銅であることが多いのに比べ、14Kは銀や銅の他にパラジウム(プラチナと同じ白金属)が混ざっていることがあります。18Kよりも金の純度が低いため壊れにくいですが、輝きは弱く変色もしやすくなります。

・18K(18金)
金の含有率は75パーセント。変色しにくい上、耐久性も兼ね備えているので、アクセサリーとして加工するのに向いています。

・24K(24金)
金の含有率は100パーセント。他の金属を混ぜていないもので、日本では純度が99.99パーセント以上のものが24Kとされています。金属としては柔らかすぎるためアクセサリーに用いられることは少ないです。

 

=金属アレルギーについて=

金属アレルギーはどの金属にアレルギー反応を起こすか、
どの程度のアレルギー反応を起こすかには個人差があります。

一般的に金属アレルギー反応を起こしやすい素材として
ニッケル、コバルト、クロムが挙げられますが、
très douxではこの金属アレルギー原因となりやすい
ニッケル、コバルト、クロムを使用した
ジュエリーはお取り扱いしておりません。

しかしながらジュエリーを身につけたことにより
痒みや腫れが起こった経験が
ある方は
皮膚科等でパッチテストを受けるなどして

どの金属によってどの程度のアレルギー反応を起こすのかを
予め確認しておくことをお勧めいたします。

金属アレルギーについて正しくご理解いただき
対処方法、選び方を知っていただくことで
安心して身につけていただけます。

関連記事:加工技法について